希望する年収について質問されたら。

希望する年収について

 

 転職活動をしている人は、希望する年収があると思います。人それぞれ希望する金額は違いますが、希望する年収で転職をしたいと思うことに違いはないでしょう。

 

 多くの人は、転職によって年収が上がることを望んでいるのです。転職活動をしていて面接を受けた場合にも、希望する年収について質問されることがあります。

 

 面接で希望する年収について質問された場合、正直に答えるべきか躊躇してしまう人もいるでしょう。企業側が希望の年収について質問する理由は、その企業が定める給与水準と照してギャップがあり過ぎないかを確認している場合があったり、応募者の年齢や経験に照して妥当かどうかの確認をしている場合もあるようです。

 

希望する年収をしっかり伝えよう

 

 転職活動をしている人は、自分の希望する年収を踏まえて応募する企業を決めているものです。希望とかけ離れた求人に応募する人は少ないでしょう。自分が希望する年収に近いからこそ応募するわけですから、面接で希望する年収について質問された場合にも希望をしっかり伝えることが大切です。

 

 伝える場合に注意したいのは、自分の希望する年収が常識的に無理のないものであるかを客観的に確認しておくことです。応募する時点で、受ける企業の給与水準はある程度は理解できると思います。そういったことを理解した上で、しっかり希望を伝えましょう。